2009年夏 子宮頸がんⅠb2期と宣告され いきなり癌との闘いに突入してしまった私の日記と記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
敵を知る
以前に体験記などの本を買った。

でもまだ情報が足りない。

体験記は読みやすくて分かりやすい。

届いたその日の夜に、一気に読んだ。

でも、私が知りたい事が増えてきた。

他にもどういう症状があって、他の人はどんな種類のがんなのか、

治療法は?などなど、知り始めると疑問がふつふつ涌いてくる。


そこで、さらにぽちっと購入。
子宮がん・卵巣がん全書子宮がん・卵巣がん全書
(2005/11)
野澤 志朗青木 大輔

商品詳細を見る


私にはとても分かり易く書いてあり、その後何度も何度も見返しては、

入院中は病院へ持って行き、

疑問に思うとき、

不安な術後の化学療法や後遺症が気になるときに開いた。

がんと闘うにはがんを知らなきゃ!

まさしく「敵を知る」、闘い方は自分で決める。


専門家というドクターに相談して、アドバイスをもらい、最終的には自分で選択、決断をするべきだと思う。


医者任せにしていて、自分は医学の知識が無いからと、わからないまま治療を続けることは危険。

知らない薬は飲めないし、分らない治療は効果も分らない。


混んでいる外来で1日中、多くの患者を診る忙しいドクター。

自分の診察時間は限られている。

限られた診察時間内で聞きたいことを聞くには、質問の内容も患者が精査して、ポイントをまとめていくべきだと思う。


といいながら、結構くだらない質問をしてはドクターの時間を無駄に使わせたりしているけど。

ドクターは優しいので笑いながら聞いてくれる。

これも、コミュニケーションのひとつということで。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。