2009年夏 子宮頸がんⅠb2期と宣告され いきなり癌との闘いに突入してしまった私の日記と記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第6クール-3
終わった!終わった!終わったー!!


やっと、終わった。一応、6クール予定の化学療法

嬉しいですう


6月から約半年間。

途中、再入院もあったし、熱にうなされたり、

吐き気と闘ったり、倦怠感とも付き合った

髪の毛もすっかり、ごっそり無くなった

がんと闘うというのは、こんなにも辛いものかと実感した半年間。



長くて、暗いものかと想像してたけど、案外明るくあっという間に終了

ルーティンをこなすことに、楽しさを見出して、今度はこうしようとか、

あと、何回やれは、終わりだぞーとか、自分なりに下げないようにプチ努力


副作用が辛くて「ホントに治療効果あるのかー?」とか、

点滴しないほうが元気なのに・・・などと、

猜疑心にさいなまれたこともあったけど


でも、はじめに納得してこの治療を選択したのだから、後悔はない。

これしか道は無かったと思っている

免疫療法という意見もあったし、自分なりにも調べたけど、私は選ばなかった。

理由は、賛否両論あるだろうから、書かないけど、私は現代の医学を信じることにしたのだ


あとは、この治療効果を見るための検査 (と、私は思っている) がある。

これで、転移が発見されなければ、一応一段落というところ。

ま、合格発表みたいなものだなドキドキするう


家族の協力を得て、どうにか6ヶ月間の治療を無事終えられたことに、感謝

あとは職場に完全復帰し、仕事をフルで出来るように、復活していくこと。

よおし、ガンガン行くぜー





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。