2009年夏 子宮頸がんⅠb2期と宣告され いきなり癌との闘いに突入してしまった私の日記と記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
血液検査
今日は血液検査を受けに、病院へ。

最後の抗がん剤投与から、骨髄抑制が治るのは果たしていつか?

卵巣機能はどうか?

いろいろ、質問したいことがあって、久しぶりにノートにまとめてから、

診療を受ける。


白血球は随分戻ってきてるので、もう感染症にピリピリするほどではない。

血小板がまだだから、もうしばらく怪我したり、ぶつけたりしないように注意。

1ヵ月後には、戻って元気になってるはず


とりあえず、やっと終わった実感がわいてきた。



卵巣機能は、血液検査でホルモンの分泌を調べれば分かるらしい。

とりあえず、基礎体温をつけることに。



実は、何度か「ほてり?」みたいな、夜中にぶわっと汗をかいて、

暑くてたまらなかった事があった。

「もしかして、卵巣だめになったのか?」と焦った。


手術で卵巣を残しても、抗がん剤で卵巣の機能がダメになることがある。

更年期障害の症状に悩まされるらしい・・・。

この歳でそんなー、悲しくなるよ。



落ち込んでもしょうがないので、また来月にでも検査を受ける予定。

基礎体温もつけてみないと分からないしね。


後遺症ともつきあってく 前向きに
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。