2009年夏 子宮頸がんⅠb2期と宣告され いきなり癌との闘いに突入してしまった私の日記と記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腫瘍マーカー
14日に腫瘍マーカーの結果を聞いてから、ずっと再発のことを考えてる。

ふと仕事中に、ご飯作ってるときに、テレビ見てるときに・・・

腫瘍マーカーが少し上がっただけで、ほんのわずか基準値を超えたぐらいで。


「なに、びびってるんだか


ちょっとブラックな私が、前向きに闘うホワイトな私に悪態をつく。



「見つかったとき、末期だったら1年も生きてなかったかもね。ふふふ



こんなに弱かったかなー私って。

去年の「やたらがんばる私 みたいなブログ」がなおさらムカつく



去年は頑張れた。

子宮を失うショックを隠して、やたら明るいふりもしてたかもしれない。



手術して、リンパ節に転移があっても、半年の辛い抗がん剤も、

治ると信じてたから、どこか前向きだったのかもしれない。



それなのに、今はたかが腫瘍マーカーごときに、完全に振り回されてる。

ガンに人生を惑わされている。

まだ1年目だというのに、5年も乗り越えていけるのだろうか。




でかい敵と闘う自分が痛々しいと思った。

ガンになんて実は勝てないんじゃないかと・・・。

一生懸命前向きにがんばってる自分は痛々しい。

涙ぐましいくらい惨めだ。

時々感じるダークな部分をもっとさらけ出せばいいのかもしれない。

ユカドリアンさんのブログを見てそう思った。


ブログリンク:「ガンになった・・・ガーン


極端だけど、自分もこのくらい言いたいこと言ってたらすっきりできたのにね



スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

経過観察6ヶ月目
昨日、病院へ行ってきた。

結果が悪かった。。。。。

腫瘍マーカーが上がってる。ぼちぼち上がってる。

いや、矢印なんてクリックしてる場合じゃない


きたか・・・・



4月、5月に採った血液検査の結果、腫瘍マーカーのSCCが上昇してきている。

「手術前は「10」だったし、それから比べたらなんてことないわよ

とか思って自分でも平気だったのに、病院を出て帰り道・・・・

ゆっくりと梅雨のジメジメとともに、どんよりと現実が襲ってくる。



・・・・再発?



そういえば、私って結構悪いほうだったものね

だって、リンパ節も結構ダイナミックに取ったし、広がってたもの。

がん的に言うと・・・「浸潤ね」

私も、浸潤なんて言葉、見たこともなかったわよ。

他人事だと思ってたわよ、がんなんて

そりゃあ、そんな簡単にやっつけられるワケないわよねー

・・・なんて、自嘲気味に現実を受け入れてみる。

落ち込んでもがんは治らない。むしろ敵に漬け込まれるだけだ。

同じカラダの中だけど、私のがん細胞は私の細胞であって、もはや私の「敵」なのだから。



とりあえず、5月に予約した7月の普通のCT検査を、ハイパーな「PET-CT検査」にした。

がんがキラッと光る、あれね。

去年、告知を受けてから、どこまで広がってるか、光らせてやろうじゃない!!と言ってたあれ。

去年のブログ


いやー2回も受けるなんてね、こんな高い検査



闘いの途中で逃げたり、いじけたりしてる場合じゃない!!

敵は一度撤退したかに見せかけて、また攻めてくるかもしれない。

スターウォーズ的には、エピソード2ぐらいは終わったから、

次はエピソード3の「シスの復讐」ってところかね。

ならば、ジェダイとしては正々堂々と闘うしかないでしょ!

「かかってこい!」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。