2009年夏 子宮頸がんⅠb2期と宣告され いきなり癌との闘いに突入してしまった私の日記と記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母の疑問
入院前の最後の外来診療の日、両親を連れて行く。

私は独身のため、説明を聞いてもらうとしたら両親になる。

んーそれも悲しい。

親にこんなことを聞かせるのも、病院に連れてくるのも実につらい。

入院した日にどうせ聞いてもらわなければならないし、こんなこと2度も聞きたくないだろうに・・・。

ごめんね、父と母。



子宮頸がんのステージと手術内容や治療方針など、ひととおり説明を終えた。

両親は今日はじめて先生と会ったし、直接病気のことを聞くのも初めてだから

「何か質問はない?」と私が聞いた。


そこで母が放った質問が、(しみじみと深刻そうに、でも決意したかのように思い切って)、


「先生・・・この子、ここ1年で10kgぐらい急激に太ったんです・・・、ホルモンの関係とかこの病気のせいですか?」


えっ・・・・母の疑問はそこですか?手術のこととか、再発のこととかではなく?



確かに口癖のように私に何回も

「そんなに太るなんて何か病気なんじゃない?ホルモンのバランスとか、ストレスとか、ねえ聞いてんの?・・・」

と言っていた母。

でもね・・・お母さん、先生も少し言いにくそうに言われたけど、


「がんは悪性なので・・・それならむしろ・・・やせると思います」(家族一同爆笑)



でも、さすが母親!

MRIなんかよりずっと超高性能マシンで私の体を透かして見てたのね。

お母さん・・・、やはり私はあなたのお腹から産まれたんですね。

私もお母さんのような強くて優しい深い愛情をもった母親になりたかったです。

ほんとにごめんね。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。