2009年夏 子宮頸がんⅠb2期と宣告され いきなり癌との闘いに突入してしまった私の日記と記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手術成功
手術が終わって目が覚めると、一瞬何秒しか経ってない錯覚になる。

麻酔の間は何にも覚えてないんだ。

(当たり前?覚えてたら恐いよ)


次の瞬間、「いたーい、足が痛い、お尻が、頭の皮がー。」

うるさい!ほんとにうるさい!

私、こんなに元気なら絶対手術は成功だろうね。


傷のほうが痛いかと思ってたら、しっかり痛み止めが効いてるので、傷はまだ大丈夫。

それより長時間の手術で重い体に圧迫されたために坐骨神経痛か?

日頃なんともない神経がプリプリ反応している。


ワラワラと体中から管が出てる。

ははは、捕まえられた宇宙人みたいだ。


手術後の説明を聞いてきた両親と、妹と、私を覗いて元気な私に安心したよう。


手術は午前10時から7時間で終了。ほぼ予定どおり。

これ以上長くかかることも言われてたので、とりあえず安心。



病室へ戻ると夕方の6時になってた。

日付変更線で1日ぶっ飛んだみたいだね。

なんだか妙な気分・・・と考える暇もなく、痛い、とにかく痛い。

ひざ下の外側が火傷したみたいに、ヒリヒリ、ビリビリ。


妹に手術後の説明の時、摘出したモノの写真を撮ってくれるように頼んでおいた。

「先生がこんな板みたいなのにくっついてるのを、持って来てくれたよー。」

と撮影のエピソードつき。


母が病室では眠れないので、妹が泊まりで付き添ってくれる。

仕事もあるのにごめんねー、でもすごく心強いよありがとう。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。