2009年夏 子宮頸がんⅠb2期と宣告され いきなり癌との闘いに突入してしまった私の日記と記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
術後1日目
2009-06-11

(母のメモより)

-昨日より少し楽になるが、終日熱があり、まだ頭痛(厳密には頭の皮、髪が引っ張られているような感じ)、

右足のヒザ下が痛む。吐き気あり。-




体から出てる腹部のドレーンからは体の中の排出液が出てる。

おしっこの管はずっとついてるから、常におしっこがしたい感覚。


点滴は腕からと、背中に硬膜外麻酔と鎮痛剤が、首にも点滴が入ってる。

ワラワラと管が出てる、少し情けない格好だ。

でも、私はアスピリンアレルギーのため、普通の鎮痛剤は使えない。座薬もダメ。


そのかわり背中の鎮痛剤を通常の人より2日ほど長く刺しとくらしい。

そーか、アレルギーってこんな時も困り者。



今日は起き上がるのは無理みたい。

手術の傷の痛みや、お腹の辛さもあるのに、その上足の痛みとお尻の痛みもずっと続いてる。

なんで、こんなところが痛いのか、怒りでイライラがつのる。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。