2009年夏 子宮頸がんⅠb2期と宣告され いきなり癌との闘いに突入してしまった私の日記と記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
焼肉でパワーをつける
2009-08-19

甥っ子の誕生日祝いに久しぶりに焼肉を食べる。

それも、お肉がおいしくて評判の「はし亭」!!

お父さん(じいちゃん)、お母さん(ばあちゃん)奮発したねー。


先週は抗がん剤の点滴が休みだったため、食欲がある。

食べすぎの傾向があるから要注意だけど、

昨日の検査ですこーし下がってた白血球の数値のためにも(肉を食べてあがるものではないけど)、

柔らかくておいしいお肉をたくさん食べた。


手術後はしばらく腸閉塞が恐くて、食べるものや量がどのくらいが適当かわからなかった。

快気祝いで食べ過ぎて腸閉塞になる人もいたとか、術後の後遺症にも癒着の危険性を説明されたりして恐かったよなー。


退院して初めてだ!そういえば。


肉が癌の栄養になりそうだと心配していた手術前は、いろんな情報に振り回されたり誤解があったりしたな。

腫瘍がでかいのは、太っててたくさん栄養があったからですか?私。」なんて思ってたし・・・。



今はむしろ、抗がん剤で体力を落とすほうが危険だと思う。

今週はパクリタキセルとカルボプラチンのダブル投入だから、しばらくは食欲がなくなる。

焼肉食べて、パワーをつけて、やってくる副作用を

待ち構えてやろうじゃないの!
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。