2009年夏 子宮頸がんⅠb2期と宣告され いきなり癌との闘いに突入してしまった私の日記と記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3度目の化学療法2セット-2回目
11月の化学療法は2週間に1回、1ヶ月で2回で時間的にも余裕があったし

薬を早めに飲んで吐き気はなんとかコントロールできていた

12月もこのまま、薬をちゃんと飲んでうまくいくと思っていたら・・・・



12月第1週の治療から吐き気止めを飲んでも、食事に注意しても吐き気が止まらなくなる。

およそ、2週間 ずっと吐き気

回数を経てくると、副作用もひどくなるみたいだ。



夏に受けた「シスプラチン」の化学療法もかなりひどい吐き気だったけど、

今回の「イリノテカン」も負けてない

今まで吐き気を気にしないようにしてたのに、そうもいかなくなってきた



今回の抗がん剤は、DNAの複製(がん細胞の増殖)に関与する成分を阻害することで

がん細胞の増殖を抑制する働きをするらしい・・・(よくわからないけど)

とうとうDNAまで何とかしようとする薬を打ち込むことになったわけだね



リンパ節に転移があったから、全身いろんなところにがんが潜んでいるみたいだけど。

首のリンパの腫れも、抗がん剤が効いてるみたいで、徐々に小さくなってきたし、

熱もそれほど出なくなったから、一応今回の抗がん剤も効果は出てるみたい


こうして、自分に効く、合う、抗がん剤を探すしかないらしい

今回は1月にCT検査の予約が入ってるが、3セット目で効果がなければ

また別の抗がん剤ということになるのか?

それは結果が出てから考えよう


予定では先週の金曜日に受けるはずだった治療を延期してもらった。

今週金曜日に2セット-2回目の治療となる。

2週間に1回だから、カラダも楽だ

今年最後の点滴

ひとつ「ガツーン」と頑張ってくるかね





コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。